スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ななつ星 用機関車、落成1周年

明日で、ななつ星 用の機関車が落成されて1年になります。
私はまだ、九州内を駆け巡る同列車を見た事がありません。
折を見て行きたいのですが、まだ走り出したばかりで来年も在る!と思うと、ついつい老い先短い列車を狙いに行ってしまいます。
和田岬線

去年、工場から九州へ甲種輸送されるシーンも収めていたが、地上で見た時のブラックのシートに覆われた姿と違い、屋根はシートも無くオリジナルの塗装が見えていた。
太陽光が射せば綺麗に輝く事でしょうが、曇天では黒く目立たないですね。
和田岬線
2013.7 和田岬線

夕張の炭鉱地を走った列車

中坊時代の春休み、青春18キップを片手に北海道へ出掛けていた。
この当時、夜行鈍行や青函連絡船もあり四六時中、列車に揺られ旅を続けていた。
この時、1番の渡道目的は夕張炭鉱地帯を走る三菱石炭鉱業大夕張鉄道線の乗車が目的だった。
石勝線の清水沢から南大夕張間の8km弱の路線であるが、客車内にはダルマストーブが設置されており、マニヤ的に魅力ある列車であった。

私が乗車した時は、画像のようなDD13形機関車に客車2両と実にローカルな編成であったが、かつては客車の後ろには鉱石を積んだ貨車を繋げていたようである。
大夕張鉄道

画像左上に見えるのは南大夕張駅の木造駅舎で、機関車左側の棒状の物はタブレットを引っ掛ける通票授器のようである。
大夕張鉄道線

南大夕張7:41発、清水沢行き2列車、旅客扱いの列車は1日3往復と実に本数も少ない路線であったが、こんな鉄道も過去にあったのだと記憶に留めたい。
大夕張鉄道線
3枚とも 1986.3 三菱石炭鉱業大夕張鉄道線 南大夕張

変圧器輸送

今日はJR東海の多気駅からダイヘンへの変圧器輸送を見てきた。
多気駅の構内ではダイヘンの機関車がシキ(大物車)に連結された後だが、こんな大きな荷物を小さな機関車が牽引するのである。(画像はどれだけの差が分かるよう横から撮影した)
ダイヘン
↓続きがあるのでclick!

more...

プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。