スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠田の海岸

先日の撮影1発目のカットですが、ほんの1時間以内でこれだけ天気の差があるとは・・・
でも到着してこの天気だと何しに来たのか?なんて悩まされましたが、来たからには取り敢えず撮影しておかなければ・・・なんて思い撮影しました。
晴れれば列車の側面には日が回わらないが、少し波立った海と曇天が相まって、少し寂しげな日本海の雰囲気が出たのではないかと思う。
岡見貨物
2013.4 山陰本線 益田-石見津田

comment

Secre

いろいろアングル工夫されてますね。

REIさんこんばんは。この波しぶきの凸重連、良いですね。

ひとつ前の棚田の遠方にDD51が写ってるのといい、” らしい風景 ” の中にちゃんと列車が存在感出してますね。

そういえば吹浦や鯨波や親不知や三保三隅やら、貨物撮影&海の組み合わせの名所って、み~んな日本海だったりしますね。特にそんな中でも岡見貨物の区間って、海あり里山あり何でもありで、桜が終わったこれから陽の長い季節は一番いい時期かもしれませんね。

No title

海の荒々しさは自然の中だと、なかなか表現するのは難しいと思ってますが
集落の民家があり、そこを行く貨物。。。
その間近で、白波を立てる日本海。
生活のそばにも過酷な自然ありと実感できるいい絵ですね。

No title

にっしーさん
いや~工夫と言うか、苦肉の策ですね(笑)
何度も足を運んでいると、毎度同じような構図となりやすいので結構悩んだりします。
岡見貨物の魅力はやはり日本海との組み合わせでしょうが、山口線で撮影すると里山の風景が広がり、日が長くなると山口線がメインとなってしまいます。

kaz さん
荒れた海は遭遇し難いから中々撮影も出来ないですね。
これが晴れた空だと、寂しげな雰囲気は半減しそうですし、すべてはタイミングでしょうか。
現地に立ってその時の状況を見極めて撮影しなければならない所に撮影の楽しさがありますね。
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。