スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら紀勢貨物

今日はJR各社グループのダイヤ改正が行われた。
その影でひっそり?と消えた紀勢貨物だが、昨日は最後の雄姿を見に Diesel Power まりも207さんと出かけた。

往路の列車だが、前日のコンテナ送り込みが最終となっており、当日は最後の荷を引き取りに単機で鵜殿へ向かう。
朝日が鈍く射そうとしている早朝、雲出川の築堤を走る横には、菜の花が咲き春を迎える光景が写る。
紀勢貨物


この後、大内山や孫太郎と追いかけるが、どれも天気は思いもいかず成果も今ひとつなので割愛とさせて頂きます。

鵜殿では、最後の列車を見送ろうと、近隣の方々や報道関係、ファンと色々な方々が集まり撮影が行われている。

紀勢貨物
私も何気に色々と見ていると、列車の後部に取付けされる反射板を徐に見ていた まりもさん の行動が気になり尋ねて見た。
この反射板、よく見ると、この列車が十数年前はこの鵜殿駅から更に西へ向かった紀伊佐野駅まで走って居た事示す運行図が書いてあり、列車番号も当時の3161レと書かれていた。
と言う事は、今の今まで紀勢貨物専用で使われて居た事が伺われる。
この反射板も今日でお役目御免となるのだろうか・・・


紀勢貨物

さらに、こんなのを見つけました!
絵のDD51部分はビニールテープを張り合わせて書かれていた。
大雑把だがDD51の特徴が充分表現され、小さなお子様が作ったにしては出来が良かったように思う。




そうこうしてる内に、鵜殿駅前では運転手さん達に花束を贈呈される。
今回は何のセレモニーも無く、静かに幕を下ろす感じだったが、ここへ来てやっとさよならの雰囲気が出てきた。
紀勢貨物 紀勢貨物


鵜殿駅・・・この駅は列車を最後まで追いかけた後の撮影者の集まりの場であり、この列車を通じ色々な方々と知合う事が出来た。
そして、最終日にその時にお会いした方々とも再会したが、その導きがこの列車の最後なんだと実感し、最終列車を撮影する場所へと向かう為に、皆さんとお別れをした。

最後の撮影地は新鹿の橋梁俯瞰。
この場所は2088列車が運転された最初の日に訪れたが、最後の撮影にまた訪れるとは、偶然な思いつきである。
当時と風景は少し変わっており、新鹿中学校の旧校舎は高速道路の建設の為に壊され、いまなお建設は続けられている。
この列車も高速道路完成と共に消えると思っていたが、先に消える事になるとは・・・
何時もの時間になると、新宮行きの列車と新鹿駅で交換し、穏やかな新鹿湾をバックに列車は何時もの様に通過するが、これが最後なのである。
紀勢貨物


俯瞰での撮影はこれが最後なのだが、最後に残された場所は栃原駅での親子による貨物列車の見送り。
このシーン無しに最後は無いと思い栃原駅へ向かった。
この駅でも最後の列車を見送ろうと近所の方々がカメラを片手に跨線橋で構えており、通過時間が近づくと何時も見送りされている親子の方々がやって来た。
構内の信号が青となり暫くすると、遠くに列車のヘッドライトが見えて来て、駅のホームに滑り込むと何時に無く長い警笛が鳴らされ、子供たちが手を振る中、列車は走り抜けて行くのであった。
長く響き渡った機関車のホイッスル音が別れを惜しむような、悲しげな音に聞こえてきた・・・
しかし、この時に見た列車の姿、この子供たちが大きくなった時に、その昔は貨物列車が走っていたのだと、語り継がれる事となるのでしょう。
紀勢貨物 紀勢本線

最後に、鉄道撮影復帰後10年、当時は近所の城東貨物線から紀勢貨物へと撮影のステージを広げ、この紀勢では色々な方々と出会い、そしてこのブログが今であり続ける礎を築かせてくれた地でもある。
当ブログ3大貨物列車の内、昨日で二つ目の貨物列車が無くなったが、残された貨物列車を中心にこれからも少しずつ更新を続けようと思う。

紀勢貨物 さようなら・・・


comment

Secre

No title

最終日らしい写真ありがとうございました。

貨物列車なので人物との写真は乗務員の方々とのカットが多い中、一般の方々とのカット
とても温まる光景のスナップですね。沿線では最後に暖かく見守られたのですね。

これでまだ一つの時代が終わりましたね。
岡見貨物、石北貨物とDDが牽引する非電化区間を撮影できる線区もわずかになってしまいました。

No title

REIさん、お疲れさまでした。
最後の貨物列車を見守る沿線の方々、暖かく送られた最終列車だったようですね。
ダイヤ改正毎に繰り広げられる喧騒と違い、とても心温まる余韻あるサヨナラをありがとうございます。


非電化区間を力強く走っていた紀勢貨物は走り去ってしまいましたが、自分は残されたこの何年かを電化区間とは言えどしっかり見守っていきたいと思います。

非電化では有りませんが、その内こちらへも来てみて下さいね。

REIさま
こちらでははじめましてですね。まずは長らくの紀勢貨物撮影お疲れ様でした。いつも度肝を抜かれるような写真に驚かされて自身の撮影の参考にさせてもらったりでいい刺激をもらえました。
最終日は僅かな時間でしたがご一緒することが出来ていい思い出になりました。今後も熱い写真を期待しております。
長々と失礼しました。

No title

はじめまして。
2年ほど前からのREIさんの素晴らしい作品を拝見させて頂いておりました。
私は映像専門で写真は記録ついでで撮っているのですが、構図のとり方が大変素晴らしく、いつも参考にさせて頂いております。
地元松阪より紀勢貨物の撮影を3年ほど続けており、REIさんのように10年とはいきませんでしたが、紀勢貨物を通じてたくさんの出会いがありました。

掲載されているイラストボードの方ですが、私が作りました(汗)
最後のためにキッチリした物を作る予定でしたが、毎日撮影場所に悩み、沿線や鵜殿に通う時間に費やしたため、ラストラン前日にしか作る時間がなく、雑な出来となってしまいました。

花束贈呈のセレモニーですが、私と私の母個人でサプライズ企画として用意しました。
運転手の方と入換作業員の方の休憩時間にひっそりと渡す予定だったのですが、まさかここまで大ごとになるとは予想もしていませんでした。

沿線で運転手の方に向かって掲げるだけのつもりで作ったイラストボードを、出来の良し悪しに関わらず撮影して頂き、この場に集まりセレモニーを撮影して頂き、ありがとうございました。
私と母より、お礼申し上げます。

最後まで普通に見送る予定でしたが、鵜殿発車では長い汽笛が響き、撮影後DD後追いで、後ろで大勢の親子連れの皆様が手を振る光景を目の当たりにして、涙が止まらなくなりました。
生きがいの一つであった日常が無くなり去る瞬間は、想像以上に辛く感じました。

我が地元からDDが走る日常は消えてしまいましたが、再び地元でDD51を見られる日が来ることを信じて待ち続けたいと思います。

長くなりましたが、今回はどうもありがとうございました。
これからも素晴らしい作品を期待しております。

ラストラン

本当にお疲れ様でした。

私も最終日にして初めての2088レ撮影に行ってきました。
高丸山の足元にも及ばない場所ですが、定番の上部から
大変満足いくシーンをゲットする事が出来ました(^^ゞ

http://www.geocities.jp/bc252890/038.html

現地で仰ぎ見る高丸山の高いこと..3つのコブもあり
よく征服されましたね。現地で見て驚くばかりでした。

もっともっと早くからハマって撮りたかったと今更に悔やまれる
ばかりです...(/_;)

No title



ブログを読んでいるだけで涙が出てきます。
本当に行くべきだったと後悔しています。
でもこの記事で、まるでその場に居合わせたような気分になりました。
ありがとうございます。
そして、お疲れさまでした。


No title

REIさん、こんばんは~

最後の見送り、お疲れさまでした & お世話になり ありがとうございます。
海あり山ありと風光明媚で美しい情景をDD51が駆け抜ける線区として撮影に力を注いでいただけに廃止は残念ですが、最後を温かい気持ちで現地にて見届ける事が出来て良かったです。

まだ最後の砦である岡見が無くなるまでは引退せず、お互いに もう少し撮影を頑張りましょう(笑)

No title

しょうた さん
そうですね、旅客で無い限り、一般の方々とのスナップはそう出来るものでは有りませんね。
俯瞰ばかりしていると、こう言ったシーンに巡り合う事も無いですが、最後に地上戦回りが出来てよかったです。
DD51の走る非電化区間は、私の中ではもう岡見のみと言ったところでしょうか・・・

JUMBO さん
連日の撮影お疲れ様でした。
盛大なセレモニーも無かったからか、何時に無く騒動の少ないさよならでした。
結果的にはコレでよかったのだと思います。
電化区間?中々足を延ばす気にはなれませんが、その内に寄って見ます。

白影 さん
ようこそいらっしゃいませ。
私こそ白影さんの画像を見ては凄さを実感しておりました。
今後、紀勢へ行くことも少なくなりますが、たまにはキハ何かで季節を追って撮影したいですね。
最後に皆さんに会えてよかったです。

matsueki40 さん
はじめまして、何時も拝見して頂き有難うございます。
イラストボードの件そうでしたか、でも即席にしては良く出来ていますし、この素人感が良い味出ています。
何も無いセレモニーより、やはりサヨナラですので花束贈呈は良かったと思います。
色々な企画、お疲れ様でした!あの場所に居合わせた皆様もそう思っております。

NORTH DRAFT さん
高丸山は確かに堪える道のりで、私の中では5本の指に入る辛い俯瞰でした。
画像も拝見しましたが、良い光線で最後を飾られて良かったですね。
後悔悔やまれるようですが、まだキハが残っております、こちらも2年程ですが・・・

MISSLIM さん
来るかと思っていましたが(笑)
でも、当ブログを見て最後に立ち会えた気分に浸れたなんて、UPして良かったと思います。
私の中ではお疲れと思いたいが、次があるのでそんな気持ちにならないようにしております。

まりも207 さん
先日はお疲れさんでした。
紀勢も終わり引退?そうですね、まだ残された物があるので其方に力を注ぎます。
また、ご一緒するでしょうし今後とも宜しく!

No title

最終日は仕事してました。2088レだけ同僚が行ってきたらと時間をくれて銚子川の川原から見上げながら撮影できました。自分の趣味は職場では公認済み。別に隠す必要もありませんからね!! ホンマ同僚に感謝です。
実は2088レの晴れ原色を鉄橋近くで撮影するのは今回が初めて・・・でした(大汗)

ブログ拝見いたしました。

はじめまして。にっしーと申します。しかし紀勢貨物の廃止は本当に惜しいですね。

先日から私自身鉄道関連のブログを作って過去作品から現在のモノまで色々載せております

REIさんの画像は、どれも素晴らしすぎます。風景の中に列車をうまく溶け込ませたり、逆行を上手に作品に仕上げたり、どう考えてもとっさの判断や綿密な計画ゆえになせる業かと思います。

ブログをリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

No title

DF50 34 さん
鵜殿で仕事だと言う事を聞きましたが、あの場でお会い出来ず残念です。
良い同僚が居て良いですね、かく言う私も忙しい時期ながら休暇を取得し出かけていましたが、会社の周りは皆知っております。
>2088レの晴れ原色を鉄橋近くで・・・
近所なだけに、条件が良い時は何時も違う場所で撮影しているからでは無いですか?
何時か機会あれば秘蔵の画像拝見したいです。

にっしー さん
はじめまして、お褒めのお言葉有難うございます。
やっとこさ、人様にお見せ出来る画像となってきましたが、まだまだ精進ですね。
ブログ拝見しましたが、私なんかよりずっと以前から撮影されてるようですね。
また、過去の画像を楽しみにしております。
ブログリンクの件、了解しました!

ドラマですね

ご無沙汰しております。

私も最終日、有休を取って鵜殿に乗り込みました。
往路は単機だという情報を受け、無難にドリームなごや〜近鉄〜ワイドビューと乗り継ぎ、
新宮経由で鵜殿に。

この記事は、ドラマチックですね・・・素敵です。心に残ります。

当日の鵜殿駅前は多数の鉄車、紀宝町のバスも入れないくらい(笑)
入れ換えも終わっていたので、ホームに入り、駅名板と絡めて852号機を撮影し、
応援に来られていた四日市駅の方と、お世話になった入れ換えのおっちゃん(笑)と
しばらくおしゃべりした後、俯瞰ポイントに向けて移動しました。
どうやら駅前あたりでニアミスしていたようですね。

最後の候補地は以下の3カ所
*牛の背俯瞰
*新鹿県道俯瞰
*高丸山俯瞰

新鹿は先日行って852号機撮っているし、
高丸山は、山の影が心配。。。 (とういか登り切る自身がない(笑))

ということで、その後、牛の背に登りました。
だれかいるだろうな?と思ったのですが、独り占め(笑)
汗をかいた体に心地よい風を受けながら2088レを見送りました。

紀勢は貨物のみならず、まだまだ撮り切れてない感がありますので、
のこり後2年以内のキハ40*48で極めるべく、折をみて通おうかと
思ってます。

これからもREIさんのBlog、ちょくちょく拝見させていただきます。
またBlogリンクをお願いしたいのですが、よろしいでしょうか??

今日の東京は花曇り〜薄日です。
花粉症の私には少々つらい季節です。

No title

kaz さん
どやら鵜殿でニヤミスしていたようですね(笑)
ラストの牛の背俯瞰、拝見しましたが熊野灘の大海原が広く入り良い感じですね。
私は、一度も訪れる事も無かったですが、画像を拝見できて良かったです。
紀勢は奥深いですね!キハ撮影で出かけるかは分からないですが、折を見て行っても良いかな?なんて思います。

ブログリンクの件、了解しました!
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。