スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新鹿湾を走り行く「復路」

新鹿湾を見渡す事が出来る場所・・・
先日、鵜殿行き往路の列車で画像を掲載したが、復路で狙う場所もあります。
新鹿の駅から尾鷲方面へと伸びる築堤と橋梁、その後ろには新鹿の集落、砂浜の向こうには湾が広がり更には熊野灘が姿を見せる・・・そんな絶景場所で撮影を行った。
紀勢貨物

道中はそれなりの登山となり、所要時間は1時間と少々・・・
適度な疲れはあったが、この風景を見るとそんな疲れも一瞬に飛ぶ。
この風景を撮影して、満足したかと思えば、次の日も同じ場所で撮影を行っていた(笑)
紀勢貨物

本日で最終となる同列車、最後まで無事で走って欲しいと願いながら、私も最後の列車を見送りに行くとしよう。
紀勢貨物
3枚とも 2013.3 紀勢本線 新鹿-二木島

comment

Secre

お疲れ様でした。

こんばんは!
 とうとう終了してしまいましたね、私も最後の悪あがきで1月3月に熊野市宿泊で行きました。
 REIさんのような俯瞰もしたかったのですが終止定番で撮っていました。
 マンボウの串焼き、さんまの丸干し等美味しい物もあり、もっと早くから南部に来ていたら良かったと思いましたがあとの祭りですね。

 明日からまた石北に行って来ます、冬は空気も澄んでいて好きな季節ですが速く過ぎ去ってしまいますね。
 最近はあまり現場で会うことが無くなりましたが、山陰でまたお会い出来れば良いですね。
 

No title

H.H さん
終了しましたね。
この先、紀勢へ行くことがあるのか分かりませんが・・・
あちらコチラの板で掲載された画像を拝見しましが、何時も俯瞰されてる方が普通に撮影されてたようで、少し驚きでした。
私自身も尾鷲辺りから南はあまり行ってませんでしたので、最後に色々と回って、もう少し早く行っておけば・・・なんて思いました。

No title

これは恐れいりました。当日、登山口近くに止まっていた車を拝見しました。

No title

DF50 34 さん
あの車、塗り分けが目立つのか直ぐにバレてしまいますね(汗)
でも、私の中ではアップした数々の場所が限界です。
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。