スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本線上での深夜作業

先日の深夜に出かけた米原工臨の状況報告ですが、最近の画はバルブが続いてるようなので順序を逆に掲載してました。
今回の工臨は本線上で深夜も容赦なく列車が通過する中での撮影となりました。
まずは、作業にかかる基点に近い駅でのカットですが、この列車が到着した時刻は既に3時前、ここから作業は始まるのである。
東海道本線

↓続きがあるのでclick!

作業区間の第一ポイントである、石山から瀬田への築堤で、出発の警笛を聞くとすぐさま界隈の場所を詮索した。
周りを見るとそれなりの灯りが見えたので現地に向かうと、既に作業は始まっていた。
この場所、本線上で深夜もお構い無しに貨物列車は通過して行くが、監督者の指示により通過列車の確認を行い作業を遂行して行く姿が伺える。
この区間は複々線で夜通し走る貨物列車もあり、作業区間では触車災害も付き物で、かなり危険な仕事でもある。
東海道本線 東海道本線

作業も一段落すると列車は暫し、現場で停車をする。
一段落を終え作業責任者が線路確認中、タイミング良く下り対向の列車が接近し、その列車の前照灯を利用し工事列車の姿を捕らえて見た。
東海道本線

次の作業場は篠原-近江八幡で上記画像を撮影後直ぐに向かった。
現地では、作業員の車が続々と集まり出し、そのお陰で作業場所を大体特定出来た。
が、列車が到着してビックリ!作業区間には作業用の灯光器が配備されており、作業が始まると一斉に作業灯が点灯された。
この間では予想外の光線により撮影に難攻したが、連続してレールを卸すシーンを狙えたので良い結果となりました。
東海道本線 東海道本線
2011.12 東海道本線 1枚:石山 2~4枚:石山-瀬田 5.6枚:篠原-近江八幡

ここ最近、このような工事列車の撮影に出掛けて居ますが、電気の供給無しに走れるディーゼル機関車は、裏方作業に徹しています。
どんな時も万能に業務に遂行出来るディーゼル機関車の凄さに驚かせられます。

comment

Secre

プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。