スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀伊の山間を行く

紀伊長島から熊野市方面は海沿いを走る紀勢本線だが、所々に山間を縫ったように走る区間がある。
国道42号線では尾鷲峠で道路は峠道となっているが、鉄道路線は相賀を過ぎると銚子川の橋梁を行きトンネルを抜けると、銚子川に沿って尾鷲トンネルへ入る。
この短い区間だが、景色は山間を走ってるかのように険しさを感じさせる。
この当時、貨物はDD51重連運用で紫煙を吐き出し走る姿は、石北貨物の常紋越えを彷彿させるかの雰囲気であった。
紀勢貨物
2004.7 紀勢本線 相賀-尾鷲

comment

Secre

No title

こんばんは!

 重連時と単機の今コンテナの数は変わっていないと思ったのですが?
 単機で峠越えは迫力があるのでしょうね、一度近くで煙を見てサウンドを聞きたいですね。

 常紋が出てきましたが、夏休みは石北運転初めを見に行こうと思っています。
 最後のシーズンですが冬は仕事が忙しく行くのは無理なようですので(涙

 PRですが私の写真も
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2011/213/
 に載せて頂きました、個人的にはあまり・・・の写真ですが(汗

No title

H.Hさん、今も昔もコンテナの数は変わっていませんが、重連から単機になって間なしの1週間程は、コキが6両でした。
重連と違い単機はフルにパワーを使ったような感じなので、荷阪の登りは唸りがすごいですね。

常紋も今シーズンがラストですが、狙いは朝の1本のみとは何分撮影効率が悪いようですね。
PR拝見しましたが、もう有名人ですね(ニヤ)

No title

はじめまして!
最近 貨レに興味を持ち 検索しましてたどり着きました!
早速ですが リンクさせていただきました!

近々 紀勢線に参ります!参考にさせていただきます

末筆ながら失礼させていただきます

No title

tamaさん、はじめまして!
貨物列車に興味をお持ちで、紀勢線へ行かれるなら是非参考にして下さい。
ただ、現在は重連では無いのですが、ロケは十分なので撮影を楽しめる事と思います。
ただ、俯瞰場所については危ない場所も多々あるので注意して下さい。
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。