スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検測車両

昨晩の事ですが、東海道本線を検測車両がカッ飛んで行きました。
普段見る事も殆ど無い車両で、建築限界を測るオヤ31は6日から7日の夜中に山科-草津間を測定したようである。
矢羽根を立てるシーンを撮影したかったのだが、深夜の駅立入は不可能なようなので諦めた。
だが、滅多とお目にかかる事も無く、しかもDD51牽引だったので返却される姿を捉えてみた。

東海道本線

通勤帰りの時間帯だったので列車を待ってるお客も物珍しそうに列車を見ていた。

東海道本線
2枚とも 2011.2 東海道本線 高槻

以前、加古川線の電化開業前に走った検測列車で、矢羽根を広げてるシーンがあったので掲載しておきます。
手作業で職員が矢羽を広げて行きます。
矢羽根を広げた後の姿だが、花魁が沢山のかんざしを挿している様にも見えることから「おいらん車」と呼ばれる。
加古川線 加古川線
2004.8 加古川線 粟生

comment

Secre

No title

こんばんは。
DDのPPって、えらい珍編成が走ったんですね。
写真に収める事ができて良かったですね!
ホンチャンの列車、見に行ってみようかな?

No title

けんたろうさん、コメントありがとうございます。
そうですね、DDのPPより間の車両が珍しいと言ったところでしょうか。
本チャンの列車?多分ご存知なのでしょうね。
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。