雪質も色々・・・

日本最西端ラッセルの木次線、最北端のラッセルが掻く雪とは違いがありすぎ、比較しても迫力負けします。
しかし迫力?そんな物は杓子にならないし、雪積もる地域なりの環境の中で除雪は繰り返される事だと思う。
宗谷のラッセルも撮影しました、確かに除雪シーンは迫力満点です!
シーズン中は何時でも撮影できるチャンスはありますが、こちら最西端のラッセルはそうも簡単に動かない。
雪も湿り気で勢い良く掻く訳でも無いが、その地域でも動いてる事に価値観があるように思う。
今回添付した画像ですが、あまり掲載する気もありませんでした。
木次のラッセルを撮影した方が見ると、この画像は?って多分思うでしょうが、通い馴れると色々あるのです。
ある雑誌の記事に書いてましたが、木次の試運転で「未知のベールが開かれようとしている」なんて書いてましたが、私はベールの向こうに既に居てますから!
地元の方に取っては毎シーズンある事、だから変に煽って欲しくないですね。
木次線
2010.1 木次線 出雲坂根-三井野原

comment

Secre

プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク