FC2ブログ

煙モワモワ

秋も深まる頃、車内は暖房で温められる。
旧型客車の暖房は蒸気暖房で、機関車にSG(蒸気発生装置)を搭載しており配管にて各客車へ水蒸気を送り込んでいた。
そして、冷えた外気に蒸気を放出すると、白い煙がモワモワと立ち込めていた。
国鉄時代
1986.10 山陰本線 福知山

国鉄時代
←車掌室を外から撮影してみたが、圧力計が2個設置されていた。
 多分、このゲージで蒸気圧を確認していたのだと思う。
 
            
            国鉄時代
            こちらは陶器製の洗面器だが、湯は蒸気発生させた水蒸気で
            水を温めていたのだと思う。



comment

Secre

プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ