緑の絨毯

初夏の爽やかな風が吹く朝、青い空にスクスクと育つ稲穂が一面緑の絨毯のようになっていた。
そんな中、軽やかにジョイント音を響かせながら、真紅の列車は走り去っていくのであった。
この"旅路"も今となっては過去の列車だが、他の車両と違い一際目立つ存在でDD51にはお似合いの列車であった。
福知山線
2005.6.26 福知山線 黒井-市島

comment

Secre

プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク