FC2ブログ

三方を山に囲まれた餘部

餘部橋梁の下には民家が立ち並び、田んぼも多少ながら広がっている。
餘部橋梁と海のコラボは撮影の基本だが、北面の日本海以外の3方は山に囲まれているので曇天時の撮影には都合の良いアングルとなる。
梅雨空の下、お座敷列車は一路旅先に向けて鉄橋を渡って行くが、橋梁下にはスクスクと育つ稲穂と梅雨の風物詩である紫陽花に迎えられる。
山陰本線
2008.6.27 山陰本線 鎧-餘部

comment

Secre

プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ