Ωカーブを行く

小海線は小淵沢を出発すると直に大きなカーブに差し掛かる。
カーブは半円を描くような線形で地図上で見るとΩの字形となってる事からΩカーブと呼ばれるうになった。
このカーブの外側の景色は南アルプスの山々が見渡せ、列車はパノラマ遠望のような感じで走って行く。
この日は空気がもやってた物の、列車の背には甲斐駒ケ岳が姿を現していた。
小海線
2008.5.17 小海線 小淵沢-甲斐小泉

comment

Secre

プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク