スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕日を背に

鉱山と港を往復する列車、夕日に染まった太陽を背に遠賀川橋梁を渡る。
この姿を捉えた時、もう一ヶ月もすれば廃止となるとわかっていただけに、少し寂しさも感じたが夕日に浮かぶ機関車の凸姿や続くタキの姿が何と無く輝しくも見えた瞬間であった。

2004.2.12 平成筑豊鉄道 南直方御殿口-あかじ

comment

Secre

プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。