スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキキャリパーの清掃

先日は、フロント足回りについてのレストア記事を記載しました。
後はブレーキの分解清掃についてなります。

走行もせず十数年の車体、ブレーキはそのままではまず使えないでしょう。
ストラットからブレーキキャリパーを外し、分解をします。
キャリパーのピストンはエアーガンでホース取付部に照射するとピストンが飛び出ます。
中でピストンが固着していれば中々飛び出さないですが、地面にウエスを厚めに敷き詰めクッション代わりにして下さい。
勿論、ピストンを下向きにして作業を行う。
こちらは案の定固着して中々抜けなかったが、問題なければ勢い良く飛びます。
corolla corolla

本体からピストンが取り出せたら、内部とピストン表面の錆落としを行う。
清掃が完全に終われば、キャリパー本体のOリングの交換も行う。
外装は、汚れを落とし塗装を行うが、私は金色に塗装しました(汗)
左右わるので、清掃前と清掃後を並べてみましたが、金色に塗装した物が純正品に見えなく如何にもって感じ。
ホイールに隙間から見えれば、レーシーな感じがします!かね?
corolla

comment

Secre

プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。