スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディーゼル機関車の集う館

木次線へ行った帰りに寄ったのが、津山駅構内にある"津山まなびの鉄道館"で昔の津山機関区ですっ(^^)
2007年頃から構内が一般公開されていたようですが、、、
遂に!!!!昨年からリニューアルがされ先月4月からリニューアルオープンされたようです!!!!
展示されてる車両はディーゼル機関車やディーゼルカーなので、興味あったので入館してみました☆
(実は、色々あって開館前にも行ったけど笑)
この日は転車台に機関車が展示されていましたが、なんと!!大阪の交通科学博物館に保存されていたDF50でした。
着いてびっくり!もう即行入ったよね!300円だし!笑
津山機関区

現存する国鉄型のディーゼル機関車は凸形だけど、この四角い箱型のボディーが新鮮な感じがするよね~。
交通科学博物館で一緒に展示されていたDD13の姿が奥の扇形庫に見えますが、DD54の姿はありません。残念(><)
DD54は京都鉄道博物館へ行ったようですが、こちらのディーゼル機関車たちと囲まれながら保存されれば良かったように思います。
津山機関区

こちらはディーゼル機関車が揃った姿の画像ですが、左からDF50、DD13、DD15、DD51、貨物移動機、DE50、DD16の面々。
ディーゼル機関車好きには堪らない光景ですね。
津山機関区

2016.4 津山まなびの鉄道館


comment

Secre

津山扇形庫いいですよね~。

REIさんこんばんは。いや~津山まなびの鉄道館はいいですね。

実は私も同じ日にDF50の転車台実演を目当てに行ってました。青空のもとでDF50を撮るのは、以前に多度津工場で撮って以来なので嬉しかったです。・・・それにしてもココの収蔵車両は、デゴイチ2号を除くと、一般の観光客の方々にはピンとこない車両達ですが、我々DLフリークには垂涎の車両達ばかりですね。

ツートン塗りのノスタルジー号や、鈍行用のタラコキハ47など役者も揃ってるし、願わくば岡山電車区のDE10で12系団臨なんかやってくれないでしょうかね~。期待したいです。

No title

にっしーさん、おはようございます。
同日に行かれてましたか!もしやニヤミスしてたかも知れませんね。

ここは私たちディーゼル好きには良いですが、仰るように一般向けではありませんね(笑)
それと、転車台には必ず機関車が乗っていないと…

津山線はロケも中々良いので、月1回は行く計画で考えております。
客レなんか入線したらもう最高ですね!
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。