スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春まだ浅き磐越路

阿賀野川の流域に沿って走る磐越西線、沿線周囲は森に囲まれた場所が多いがく、時折小さな集落も見る事も出来る。
日出谷周辺の山上から見た風景は、阿賀野川が大きく蛇行し、森に囲まれた平瀬の集落が見える。
集落の周りの田は雪が融けた物の冬枯れの状態、背後に見える飯豊連峰は冠雪し春には少し遠い感じもする。

新津からやてきた列車は引入沢山を貫いた平瀬トンネルを抜けると、赤や青の鮮やかな屋根が見える平瀬の集落を走り、阿賀野川を渡る橋梁へ走り行く。
磐越西線

列車は阿賀野川当麻橋梁に差し掛かり日出谷駅へ向かう。
沿線の風景は山(森)に川(水)、愛称の如く"森と水とロマンの鉄道"と言ったところでしょうか。
磐越西線
2014.4 磐越西線

comment

Secre

プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。