スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖西の向こうに浮かぶ伊吹山

晩秋の風物詩なラッセル車の試運転ですが、各地で行われています。
方々出かける時間がありませんが、先日湖西線での試運転を撮影しに出かけました。
当初、今季最後と思われるDD15の登坂を期待していましたが、来たのはDE15でした。
俯瞰するには今ひとつの天候だったので地上にて撮影を行った。
湖対岸に見える伊吹山が姿を現していたので、一緒に撮影して見ました。
湖西線
2014.11 湖西線

comment

Secre

冬近し

黄金色の畑(二番穂?)とバックの湖上の伊吹山とは、REIさんらしい趣向ですね。
どんよりした空模様が、間もなくやって来る降雪を予感させるようです。
どんな条件でも、心に響く画をたたき出せるのは、羨ましい限りです。
勿論、その裏には大変な努力が隠されているとは思いますが。
何れにしても、他の人には、そう簡単にはまねはできないことを、作品が雄弁に物語っています。
それはそうと、何時見てもラッセルヘッドというのは不思議な魅力のある形状です。何なんでしょうね。
かつて、北海道でこいつから逃げ遅れて生き埋めにされたことがありますが、憎めないやつです。

No title

こあらま さん、こんにちは。
何時もコメントありがとうございます。
田の二番穂については全く意識はしていませんでしたが、ただラッセル車を撮影するのも何ですから、何処か分かるように伊吹山も入れた次第です。
お褒めのお言葉を頂くような程度の画像ではありませんが、何だか励みになります。
ところで、ラッセルから逃げ遅れ生き埋めとは???かなりの量の雪を除雪していたと言う事でしょうか。
最近では北海道でのラッセル撮影者も増えており、線路際の撮影者なんかを見かけると除雪を止めて普通に通過していく見たいです。
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。