山裾を走り行く

先週に撮影した播但工臨ですが、山陰線内で俯瞰してからこの場所へ向かいました。
本当、空の抜けが良ければ大俯瞰での一発勝負なのだが・・・
しかし、現地を見るに築堤は何時も草ボウボウなのだが、スッキリと刈られ田にも水が入り稲も成長しつつあります。
背後の木々も青々とし初夏の雰囲気が見ることが出来ました。
そんな風景の中、工事列車はSカーブを走り抜けて行きます。
播但線
2014.5 播但線

comment

Secre

お疲れ様でした

こないだはお疲れ様でした!

駅まで送って頂き助かりました
ありがとうございました!


ちなみに、1日の飲み会は車にひかれた訳じゃありませんので(笑)

No title

おにぎりさん、こんにちは。
車に轢かれた!?そんな冗談は程ほどにしとかないと、また…

はじめまして

現役蒸気末期世代の読者です。現在は、たまにローカル線のDCや復活蒸気を撮っています。
けむり関係のサイトを巡回することが多いのですが、ある日ふとここに目がとまりました。
作品としての出来の良さに魅せられています。国鉄色のディーゼルにも、つい反応してしまいますね。
それにしても、凸型DLも出番が減って、ラッセルだの、工臨だの、チャンスが少なく大変ですね。
これからも、更新を楽しみにしております。

No title

こあらま さん
初めまして、コメント有難うございます。
私は現役蒸気は知りませんが、身近にはDD51が牽引する旧型客車や貨物列車が子供の頃から良く目にし、乗車したりもしてました。
蒸気現役の方が復活蒸気を撮影するように、私は身近だったディーゼル機関車を撮影しています。
しかし、ここ数年で活躍の場はめっきり減り、仰るように被写体探しにも一苦労します。
これからも少しづつながら、更新をしていきますのでまた閲覧でもしてください。
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク