会津盆地を走り行く

3月も終わろうとし、春めいた気候となりつつあります。
しかし、雪国では春には少し早く、山々はまだ雪冠し、平野部では雪が融けきらず冬の面影を残す部分もあります。
青空広がる空の下、良い気候に恵まれながら石油輸送を終えた列車は、次の輸送の為に新潟へ帰ります。
大阪で使命を終えた機関車達は、極寒の地で人々の希望を運び続けたのであった。
磐越西線
2011.3 磐越西線 喜多方-山都

comment

Secre

No title

もうあっという間に3年もたちますね。

当日は撮影に行っても、ブログで公開することすら不謹慎ではないかと思ったこともありました。
人々の絆の強さを実感した列車でしたね。

私も迂回貨物の写真をアップしてみました。

No title

チビロク さん、こんにちは。
もう3年、年月の経つことの早い事・・・
この列車も当時、撮影に行く事やブログアップも不謹慎、そんな事を言った時期もありましたね。
私的には、毎年2~3枚程度のアップにしていますが、それは記憶の彼方に風化されないよう、毎年この時期に掲載を続けています。
これらも後世に語り継ぐ為の方法の一つかと思っております。
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク