スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天理教輸送列車・・・国鉄型車両同士の出会い

今日は、先日の土曜日に走った天理臨の復路を撮影しに出かけた。
19時前に現地に着くと既にホームでは沢山の撮影者機材をセットし待ち構えていた。
その光景を見た私は少し怯んでしまい、構内から奈良寄りの跨線橋から狙う事にした。
しかし、列車を切り取ろうとアングルを決めても架線柱横のケーブルが気になり中々上手く収まらない・・・
いっその事、駅舎も入れて広めなアングルとし、露出も少しアンダーだと架空ケーブルも多少は誤魔化せるだろうと思い撮影してみた。
この駅では10分以上の停車があり、露出を変えながら何枚も撮影したが、やってきた交換列車が103系だったので、こちらの画像を掲載する事にしたが、まさに時代遅れの車両同士だが、どこか懐かしさも思い出さす・・・そんなワンシーンであった。
この天理臨に使われている車両も、今年3月に廃止となるあけぼの号の影響を受け、今年限りになる可能性もあるや知れませんね。
桜井線
2014.1 桜井線 帯解

comment

Secre

REI様、はじめまして

初めまして、DDなにわと申します。以前から楽しく拝見しておりました。
私もDD好きでして、貴殿の数々の作品に影響されて大俯瞰レベルの風景写真も求める様になり、成長出来ました。深く感謝しております。今回の帯解には私も出撃しており、その驚きもあったためコメント致します。
私は入線を駅階段上から流し撮影後、同じくこちらの跨線橋でバルブしておりましたが、このように広めに撮ることは思いつきませんでした。私の発想はまだまだ乏しい様です。
これからも色々な作品を見せて頂ければと思います。応援しております。

No title

DDなにわ さん、今晩は!初めまして。
私の稚拙な画像がお役に立てるなんて・・・有り難い言葉を頂きました!
帯解は確かに沢山の人手でとてもじゃ無いですが、跨線橋からしか無理だと思いました。
結構障害物もあり、切り取りにお互い悩んだことでしょう。
今回私は少し広めに撮影しましたが、他にも方法はあったかも知れません。
私も色々な画像を拝見して、それをヒントに応用したりもしますので、お互い向上に努めましょう。
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。