スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪貨物ターミナルの入換機

ローカル線の貨客牽引列車や入換を目的として開発されたDE10形、こちらはDD51と違い、第三セクターや貨物専業事業なんかでも活躍し、まだまだ全国で姿を見る事が出来る機関車である。
またカラーバリエーションも多彩で、私も目撃したら撮影をするように心がけています。
そんな中、ご近所でも変色な機体が入換に従事する姿見ることが出来るので、これを撮影しようと出掛けてみた。
場所は大阪貨物ターミナルだが、撮影に適した場所が殆ど無く撮影に難儀したが何とか捕らえる事が出来た。
入換

カラーは青をベースに黄色で配色され、まるで新幹線用ディーゼルみたいなカラーリングであった。
このカラーは大阪貨物ターミナルでしか見る事が出来ず、関西フレートサービス㈱の所有する機関車である。
入換
2枚とも 2012.1 東海道本線貨物支線 大阪貨物ターミナル

何度も撮影するような被写体ではありませんが、このようにカラーバリエーションが多いので記録として残して行く事も大事なような気がしますね。

comment

Secre

No title

REIさんこんばんは。

このスイッチャー、まさに昔の新幹線区間事業用DLみたいですね。ほかには90年代前半にみられた試験塗色のEF65一般型にもよく似たのがいました。

専用線用の小型スイッチャーだと、変わった色でも気兼ねなく撮ってしまいますが、かつて国鉄色をしてたDE10タイプのスイッチャーだと、私はついつい撮るのをやめてしまいがちで、アカンですね。

私もその都度記録していかねばと思います。

No title

にっしー さん、今晩は。
確かに、この手の被写体は触手が伸びませんが、何気に撮影したカットを色々と眺めていると、その内に他も無いのか?なんて思い、その界隈へ行った序でで撮影したりしています。
俯瞰とかの景色重視の撮影も良いですが、鉄道車両としての記録も残す事も大切ですね。
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。