餘部橋梁を渡る

先日走った山陰線ラッセル試運転ですが、山陰沿線は天候は良くないと思いながら、鉛色の海が撮りたくて餘部橋梁を見下ろせる山に登ってきました。
登山時間にして1時間半程、早朝に降った雨のせいもあり道はかなり泥濘で登り難かった。
登頂時は思った通りの海の色で早速機材をセットし列車を待っていた。
ところが、通過5分程前から雨が降り出し、見る見る内に前方の視界が無くなって行く。
後は想像通り・・・ですね。(笑)

仕方が無いので復路も待つ事にした。
雨も止み、時折晴れ間も見え出したが天気は安定しない。
そうこうしている内に列車は来ました!
天気は薄曇で目まぐるしく変化した天気も安定し、列車はゆっくりと橋梁を通過して行く。
山陰本線


この橋梁、鉄橋からコンクリート橋に変わりましたが、周りの風景は変わらず私的には今の橋梁でも充分に良いと思います。
山陰本線

2013.11 山陰本線 餘部-鎧

一緒に撮影された皆様、おつかれさんです! 
Diesel Power まりも207さん


comment

Secre

ここでしたか!

こんばんは!
 私は追っかけの途中で下で撮っていました。
 素晴らしい景色ですね、私は行ったことが無いのですが是非一度行って見たいです。
 クマが怖いので一人では無理ですね(笑
 信越山線の試運転、今年は早かったようですね、月末と思い出張で諦めていました。
 

No title

H.Hさん
先日は撮影に出かけられていたようで、お疲れ様でした。
餘部は今も尚、良い景色ですね。
来年は何処で撮影しようか思案してしまいますね(笑)

信越の試運転、そう言えば全く気にもしていませんでした(汗)

No title

REIさんこんばんは。いまもこのアングルの絶景は健在ですね。明治末期からの名物鉄橋が消えたらこのお立ち台も昔話か??ということもなく、充分イケてますね。

ただ、お馴染みのホーム近くのお立ち台は、やっぱコンクリ目立ち過ぎで、随分印象変わりました。

それにしてもラッセルヘッド付くとこのデコボコ感が、真横からだとなおさら撮影意欲をそそられてかっこいいですね。

No title

にっしー さん
今晩はー
そうなんですよ、橋梁は変われど風景は変わらないし、やはり山陰のラッセルは海バックが1番です。
仰るようにラッセルのデコボコ感、これを現すには海をバックが良いと思いサイド俯瞰でやってみました。
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク