スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80年もの生活を支えた人道橋

昨日、80数年もの長きに渡り人々の生活を支えた赤川橋梁の人道橋は閉鎖された。
列車と人々が交わる橋梁、人々が川の対岸を行き来する生活に欠かせない橋である。

早朝の散歩や通勤に、
城東貨物 城東貨物

昼下がりのクラブ活動、
城東貨物

雨の日も、
城東貨物

通学の帰り道、
城東貨物

夕暮れ時、家路に向かう時、
城東貨物

色々な目的を持ち、人々は川を渡り対岸を往来してきた。

80数年もの長き歴史の、ほんの一撮みしか知らないので多くを語る事も出来ないが、人と列車が交わるこの場所は忘れる事は無いだろう。
そして、ほんの少しでも体感出来た事を嬉しく思い、ほんの一時のワンシーンだが、次世代に語り継げたらと思う。
城東貨物


comment

Secre

No title

こんばんは。

そしてお久しぶりです~。

赤川鉄橋の数々の写真、どれもが見事な組写真で、鉄橋全体と地元の雰囲気が良く伝わって来ます。
本当にこれだけの名物鉄橋だっただけに、閉鎖は非常に残念ですね…。
それにしても、写真集になる位の非常にイイ記録写真が残りましたね。


No title

ナポレオン さん
こんにちは、どうもお久しぶりです。
お褒めのお言葉有難うございます。
しかしながら、ネタ列車が走っていない時に、コツコツと撮影していた分を掲載したのですが、殆どが列車と絡まった画像ばかりで、橋梁と人が行き交う画像は本の少し・・・
とてもや無いですが写真集に出来る程のレベルではありません(笑)
列車だけで無く、周りの情景や人々を入れてのスナップは大事ですね。
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。