スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若桜鉄道のDD16

去年ですが若桜鉄道で走った、C12とDD16とのプッシュプル形態を取った運転。
実際はDD16の動力て動いていたが・・・
もう一年前の話になるが、以後動きも無いですが今後どうなるのでしょうかね?
若桜鉄道
2015.4 若桜鉄道
スポンサーサイト

第二八東川橋梁での撮影会

今回の若桜鉄道でのメインとなる第二八東川橋梁では、橋梁上で5分の停車がありました。
河川の堤防には満開となった桜並木、道路橋や堤防では撮影者が集まり、思い思いに撮影していた事でしょう。
私は数名の方の混じり山中から撮影しましたが、鉄橋到着時から曇っていた空は晴れ渡り、出発まで陽が射していましたが、まさにステージに立った役者と言った所か。

この撮影場所では有料で撮影場所が提供され、付近の駐車場も有料でした。
意見は色々とありますが、私はこれで良いのでは無いかと思いました。
この列車を走らしてもお客が乗車できないので鉄道会社には収益も無いでしょうし、列車を追いかけて付近の路上駐車、挙句撮影場所での割り込みで揉め事が起きる・・・負の連鎖を未然に防ぐ対策でもあるようです。
若桜鉄道
2015.4 若桜鉄道

奥因幡に響く汽笛

昨日4月11日ですが、鳥取県の若桜鉄道ではSL走行社会実験なる事が行われ、40数年ぶりに沿線をSLが走り賑わいを見せていました。
このSL、現在車籍が無く営業運転で使う事が出来ません。
今回取られた方法は、走行区間を運休とし車両で無く工事車両として走らす事により実現しました。
勿論一般客を乗せる事が出来ず、客車に乗車しているのは案山子だったりします(笑)

午前9時30分、SLの汽笛が鳴ると共鳴するようにDD16も吹鳴し発車した。
駅構内を出て直ぐの築堤で待ち構えると、ゆっくりと自転車でも追い抜き出来そうなくらいの速度でやって来ました!
走行ファーストショットですが、生憎の天気でしたがDD16形に牽引される列車を見ただけで私的にはもう十分なくらいです。
若桜鉄道

振り向くと桜の木が満開となった花を咲かせ走り抜けますが、沿線のギャラリーもあり、汽笛の共鳴が繰り返されるます。
若桜鉄道

一番最後は将来のスター?となるSLですが現在、蒸気では動かず圧縮空気の力により動きますので、とうてい車両を牽引して列車を走らす事が出来ません。
列車を走らすにはディーゼル機関車の力を借りて走る事となりました。
若桜鉄道

このようなローカル路線では、中型、大型機のSLやディーゼル機より小型の機関車が似合いますね。

2015.4 若桜鉄道

星空の下のチビロク

先日、木次おろち号の撮影帰り、あまりに渋滞が酷そうだったので寄り道して撮影しました。
駅舎やホームの明かりが鈍く射す構内ではDD16が静かに佇んでいた。
空を見上げると満点の星が散りばめられいた。
鉄道総研からやって来たDD16 7号機、若桜鉄道の活性化の為にも、早期本線復活を願いたいですね。
若桜鉄道
2013.5 若桜鉄道 若桜線 若桜
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。