FC2ブログ

DF200の猛威

今日は、川崎重工からDF200が稲沢へ向けて輸送されたようですが、仕事だったので見に行く事が出来ませんでした。

今まで北海道にしか生息していなかった赤グマことDF200も、いよいよ本州上陸しDD51を追いやる事となるのでしょうか?
DD51最後の楽園?!と言った感のある四日市界隈だが、もう時間がありませんね。

画像は、狩勝を越える貨物を増田山から撮影したものです。
根室本線
2012.7 根室本線

十勝岳連峰を背に行く

3年前に初めて撮影した"富良野・美瑛ノロッコ号"ですが、この時は専用カラーを纏った機関車では無く、ごく普通の原色でした。
昼下がりの十勝岳連峰を背に、田園地帯を走り抜けて行く姿が何とも長閑で良いですね。
富良野線
2012.7 富良野線

音別の丘から

2年前に走ったリバイバルトレイン。
海霧が少し出て遠くは霞んでいたものの、晴天に恵まれました。
この地にまたDD51が走ってくれたらと思うが、今のJR北海道ではとても難しそうですね。
根室本線
2012.7 根室本線

海霧の音別海岸を行く

日付が変わる1時間前、夜の札幌を出発した列車は東端の地、霧の釧路へと向かう。
夜明け間なしの夏の朝は早く、列車は釧路に近い音別海岸を沿って走って行く。
海の水平線は薄っすらと見えるが、周囲は海霧により靄がかかり何となく幻想的でもある。
この地で、またDD51を見たいと思うのは私だけでは無いと思う・・・
根室本線
2012.7 根室本線 音別-古瀬

すり鉢の路線を行く

富良野線内で1番の勾配区間である美瑛-美馬牛間は28.6‰とかなり勾配がキツイ区間である。
とある日の昼下がり、踏み切りの端でトロッコ列車を待った・・・
列車の後ろまでズーッと見える、長いストレートとなった線路が如何にも北海道らしい。
富良野線

そして、この列車を撮影する少し前、何処かで結婚式を挙げたのか判らないが、数名の方がこのカップルをスナップ撮影をしていた・・・
撮影してる向きからすると、かなり逆光線気味となるのだが、何をどう考えて撮影してるのか???
富良野線 富良野線
3枚とも 2012.7 富良野線 美馬牛-美瑛


プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ