FC2ブログ

晩秋の頃に走るラッセル車

11月も半ばに向かうが、各地ではラッセル車の試運転が始まっているようである。
毎年、1〜2箇所くらい撮影に出掛けているが、今シーズンは仕事の関係上休めるか微妙なところ。
がぞうは、晩秋らしい一枚を撮影しようと実った柿と一緒に撮影してみた。
曇り空でも鮮やかな実の色は映えますね。
山陰本線
2013.11 山陰本線

10年前のジョイトレ

10年前に山陰本線を走った"旅路"ですが、福知山線内の町民号だったので、福知山線内で撮影してから山陰本線へ転戦し撮影した物です。
10年前ってこんなのが普通に走っており、撮影する被写体には困りませんでしたね。
機関車は現在、下関に配備されていますが、この頃はまだ宮原所属でスノープラウも装着されていませんでした。
山陰本線
2005.6.26 山陰本線

深夜に行われる機回し作業

最終列車も終わり寝静まる深夜の頃、ホームでは作業員が集まっています。
そんな中、バラストを積込んだ工事列車はやってきました。
山陰本線

暫くすると職員が分岐器周辺に集まり、機関車の機回し準備が始まります。
職員は転轍機の操作を始めるが、作業毎に指差確認を行い確実に作業を進めて行きます。
転轍機の操作ハンドルを手にすると、転轍機に操作ハンドルを差込み回転させて行きます。
反位方向だったレールは定位方向に転換されます。 "レール密着よし! 定位確認よし!"
山陰本線 山陰本線

分岐転換が終わると、無線に機関車へ合図を送り本線へ誘導させます。
機関車はゆっくりと動き出し、職員が見守る中、分岐器通過し本線上へ・・・職員は分岐器を定位に戻す為、同作業を繰り返します。
転轍作業が完了すると、機関車は到着した列車へ走り連結作業が始まります。
山陰本線 山陰本線

そろりと連結されると機回し作業が終了します。
列車到着から1時間弱程の時間を費やし機回し作業が行われますが、転轍作業の要員に掛かる人件費や手間を考えると、機関車での運行は実に無駄の塊ですね・・・
趣味的に見る側は良いのだが、会社側だと気動車化とし経費削減をしたい事でしょう。
山陰本線
2015.6 山陰本線


国鉄型車両の並び

昨日、一昨日からの寒波で全国的に大変積雪に見舞われた事と思います。
そんな中、あっちこっちとラッセル車も出動するだろうと思い、木次に行くか山陰に行くか思案したが、今まで撮影した数や、ここ最近になり撮影者が増えた木次をパスし山陰へ向かった。
現地は雪が思ったより少なかったが、大雪警報が発令されていたのでやはり走っていました。
走行画像は後ほど追って掲載するが、除雪作業終了時に豊岡の車庫に入る前のワンシーンを切り撮りました。
DE15ラッセルの横に並ぶは381系電車、どちらも国鉄時代に製造された車両で、カラーも当時と同じ国鉄色。
なんかいいですね・・・
山陰本線
2014.12 山陰本線

晩秋の夜久野高原を行く

今朝、福知山から豊岡へとラッセルが戻ったようで、残るは東浜方面への試運転のみですが何時走るのでしょうか…
豊岡と福知山間のラッセル試運転ですが、過去の運転時間と比べるとずっと早くなり、夜が明ける前に夜久野界隈を走るので今ではこの界隈では撮影出来ない。
画像は5年前に撮影した物ですが、当時は9時半頃に夜久野界隈を通過していました。
田畑はすっかり冬枯れしていますが、周囲の木々や山々は良い色の紅葉となっていました。
山陰本線
2009.11 山陰本線
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ