秋の長門海岸、油谷湾を背に・・・思い出の山陰トワイライト

北長門海岸の続く粟野では秋の実りが近づく風景が見受けられた。
粟野川の河口には田んぼが広がり、あと少しで収穫の時期を迎える事でしょう。
河口の背後には澄んだ青い油谷湾が広がり、背後には油谷島も写りこむ。
粟野川に架かる橋梁に、トワイライトエクスプレスが軽やかに走って行く。
山陰本線
2015.9 山陰本線

秋の長門路を行く・・・思い出の山陰トワイライト

画像は去年のシルバーウィーク時に出かけた時の物で、山に登って見たこの風景は2度目となった。
前回の夏場とは違い、気候も程よく登頂するに然程苦労はしなかった。
夏とは違い、田んぼは黄金色に色づいた物もあれば、もう既に刈り取られた部分もある。
まだ、実りには少し遠い緑色の田もあり、色とりどりの田んぼが見られた。
ここ、梅ヶ峠の築堤は撮影場所としても知られた場所であるが、このような高みから望むとまた違った趣がありました。
時間にして11時過ぎの頃、DD51に牽引されたトワイライトエクスプレスはゆっくりと走って行きました。
山陰本線
2015.9 山陰本線

山頂から見る響灘の眺め

去年の夏、猛暑の中高みを望み山歩きをしていた。
天辺の風景を思い浮かべながら、暑さを耐え忍び何とか登頂した。
頂上から見る風景は360°の大パノラマ!勿論の事、当の目的である山陰本線もよく見えた。
青く澄み切った響灘、半島の湾内には涌田の漁港も見える。
緑の田んぼが広がる中、特別なトワイライトエクスプレスは走り行く。
山陰本線
2015.8 山陰本線

海沿いの小さな町の眺め

山陰トワイライt三日目の行程ですが、下関から出発した列車は山陰西部をコトコトと走って行きます。
昼過ぎに萩に到着し、夕刻になると萩駅を出発し風光明媚な海岸線走る。
やがて、列車はハイライトとなる惣郷川橋梁を走り抜けるが、夕日に照らされた大海原はまさにトワイラトタイム!

皆が集まる橋梁を避け、私は一人静かに小さな町並み眺めながら、丘の上からトワイライトエクスプレスの通過を待った。
山陰本線
2015.8 山陰本線

海沿いからトンネルへ・・・

伯備線から一夜明けると列車は海沿いを走ります。
撮影地は宇田郷の惣郷川橋梁や三見-玉江間の海沿いに人が集まり大変賑わいましたが、私は人知れず須佐トンネルに入る手前の築堤を撮影してみました。
背後には須佐湾の入江が写り込み列車はトンネルに吸い込まれるよう、築堤を軽やかに走り抜けます。
トンネルを出ると、惣郷川橋梁にさしかかります。
山陰本線
2015.8 山陰本線
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク