FC2ブログ

西濃鉄道

西濃鉄道、現在はわずか1.3kmの短い路線を日に2~3往復しかないが、かつては市橋線の乙女坂よりさらに1.3km先の市橋まで、そして昼飯線があったが既に廃止されている。
しかし、街を散策するとこれらの廃線跡が一部残っており線路や踏切、信号機など所々に当時の面影が残されている。
画像は、金生山へ上がる途中から美濃赤坂周辺を俯瞰してみたが、たかが1.3kmの路線でも色々と撮影が楽しめるので、国鉄型車両も追いかけるのも宜しいが息抜きとしてこのような私鉄路線も散策してみては如何でしょうか。
西濃鉄道
2009.8 西濃鉄道 市橋線 美濃赤坂

西濃鉄道西濃鉄道
西濃鉄道西濃鉄道
西濃鉄道 昼飯線(廃線)

再びJR線へ

乙女坂にある金生山から産出された石灰石は石引神社から赤坂の町並みを抜け再び美濃赤坂に戻ってくる。
列車は到着すると、直に貨車から解放され数時間前に牽引されて来た電気機関車に連結される。
西濃鉄道の係員は機関車のスッテップに乗り、構内の入換業務に勤しんでいる。
西濃鉄道
2009.8 西濃鉄道 市橋線 美濃赤坂

古き街中を走る

この路線の沿線の大半は街中を列車は走っている。
民家が立ち並ぶ沿線は生活感が溢れ、玄関を出ると間の前が線路の家、はたまた勝手口、そして軒先には洗濯物が干されてあったりしている。
1日2~3往復と走行時間自体は少ないが、列車が走る度に石灰の灰が微量ながら飛散したりして通過後は灰で白っぽくなったりするが、沿線の方々はそれが当り前であるようで気にして無さそうです。
西濃鉄道

そして、線路と垂直に交わるのは昔の中仙道で宿場町として栄、本陣跡や宿場町の面影を感じさせる古い建物が断続的に残っている。
画像1枚目の画像左側に石碑が写り込んでいるが、この石碑は「赤坂本町駅跡」と書かれており、今から50年程前は旅客運用をしていたようである。
そして、踏切付近にホーム跡と思える石垣があり、大きさにして車両1両分程の短いものである。
西濃鉄道
2009.8 西濃鉄道 市橋線 美濃赤坂-乙女坂 (上・下)

境内を横切る

西濃鉄道の沿線で1番の特色と言えば、石引神社の境内を線路が横切っている所でしょうか。
この石引神社は、その昔、大垣城の土台を作る際に金生山の石を運び出すのにこの場所を通ったと言う事から石引神社と名前がついたらしい。
西濃鉄道
2009.8 西濃鉄道 市橋線 乙女坂-美濃赤坂

機廻し

美濃赤坂を出た列車は、わずか1.3kmの道のりを乙女坂にある石灰石の積込施設へ走って行く。
乙女坂に到着した列車は直に貨車を解放し、分岐線を転線すると美濃赤坂方面へ連結し直される。
西濃鉄道
2009.8 西濃鉄道 市橋線 乙女坂
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ