桃の節句

100年以上も前に建てられた最古の木造駅舎である嘉例川駅に雛人形は飾られていました。
古めかしい建屋内に、色鮮やかな人形と桃の花、昔ながらの木造住宅みたいな感じで、背後のDE10が写っていなければ駅舎とは思えないですね。
肥薩線
2014.3 肥薩線

南国の海沿いを走る

一年ほど前か、九州にて"急行 肥薩線縦断号"とか言う列車が走ったので撮影に行ってました。
3月も初旬だが、流石は南国、もう春の陽気でした。
大地の高台に登ると、鹿児島湾が広く見渡せ最高のビュースポットである。
鹿児島を出た列車は、湾に沿った線路をゆっくり走って行きます。
日豊本線
2014.3 日豊本線

転轍操作・・・終着駅にて

去年の夏、日南線へマヤ検を撮影に出かけました。
天候にも恵まれなかった上、機関車は黒のDE10・・・
何とも冴えない組み合わせなのだが、折角来たのだから色々と撮影してみた。
そんな中、終着駅である志布志では機関車の機回しが行われて、駅員が転轍操作をしていた。
今や終着駅として廃れていますが、過去には志布志線や大隈線も存在し、機関区まである鉄道施設の要であった。
そんな過去も昔話、線路端に生える雑草が今の現状である。
日南線
2013.8 日南線

八竜山から見る球磨川

今月初旬に走った肥薩線縦断号、目まぐるしい天候に悩まされながらの撮影でした。
最終場所の八竜山ですが、結構ガスってたのですが何とか撮影したいと思い決行しました。
次回はクリアな視界で狙ってはみたいですが、この場所で何を撮影するのだろうか???
肥薩線
2014.3 肥薩線 坂本-段

初春の球磨川を行く

週末から九州へ出掛けていました。
球磨川沿いを走る肥薩線では、線路端には菜の花が咲き春を感じさせる。
しかし、吹く風はまだ冷たく、まだ春も少し始まり出した所でしょうか。

さて、今回の俯瞰は肥薩線での定番である海路俯瞰では無く、箙瀬(えびらせ)の集落が見える場所を狙って見た。
だが光線の読みが甘かったのか、既に陽は車体サイドに当たらず正面から反対側へと当たろうかと言う光線であった。
列車が通過する頃には、少し薄日な状態だったので幸いだったように思う。
肥薩線

此方は、超望遠で切り取って見ましたが、何やらヘッドマークが付いてるようである。
JR九州でのDE10は黒色化が進む中、国鉄色の機体を使って走らせてくれましたが、やはり赤は映えますね。
肥薩線
2014.3 肥薩線 吉尾-白石

そして、現地でお会いしたお二方、毎度ながら地場料理をつつきながら酒を酌み交わし、楽しい一時を過ごす事が出来ました。
関西撮鉄協同組合(仮称) ティがっちさん
好きにするわ!! byてー、てー てー、てーさん
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク