FC2ブログ

ライトアップ

線路際に楓が植樹されてる場所は見ごろになるとライトアップされる。
列車に乗ればさぞ幻想的に紅葉が目移りする事と思うが、遠目からでも楓の赤さが浮かびあがる。
暗闇に浮かぶ楓とトロッコ列車を絡められると思うと楽しみとなり列車を待った。
ピーっと言う警笛音と共にゆるりと列車がやってきた、しかし私が思う程車内の照明は明るく無く本当に点いてるのか?なんて思うくらいだった。
イメージではライトアップされた楓と列車の車内灯が上手く組み合わさる物と想像していたのだが、これでは列車の存在が分かり難いですね。
200811119.jpg
2008.11.22 嵯峨野観光鉄道 トロッコ保津峡-トロッコ亀岡

川に沿って

保津川の流れは急流や、ゆるりと流れるが水深が深い淵なんかもある。
川下りの舟はその流れに乗り下流は嵐山へと辿り着く。
そんな中、トロッコ列車と舟の行き違いがあり、絶景の中、列車の乗客は川を下る舟を、舟客は山際を縫うように走る列車を、お互い眺め合いながら行き違う。
しかし、シャッターチャンスは難しく機関車と舟は良い位置に合わなかった。
200811105.jpg
2008.11.22 嵯峨野観光鉄道 トロッコ保津峡-トロッコ亀岡

紅葉に囲まれて

赤や黄色に染まった木々に囲まれトロッコ列車を待つ。
保津峡の景勝を縫うように走って来たトロッコ列車眼前をゆるり走って行く。
今や観光の一環としてトロッコ列車を走らせているが、かつてはDD51牽引の客車列車が走っていたのだと思いながら過去の余韻に浸ってしまった。
200811109.jpg
2008.11.22 嵯峨野観光鉄道 トロッコ保津峡-トロッコ亀岡

保津峡へ

3連休初日、夜勤明けの眠たい目をこすりながら京都の保津峡へと向かった。
その昔は山陰本線として使用されていたが今は新線に切替った。
しかし風光明媚なこの線を嵯峨野観光鉄道はトロッコ列車を走らした。
で、今回は保津峡の紅葉とトロッコを撮影しようと勇んで行ったものの、南面は山を背に線路は配されてる為、順光で撮影できる場所は皆無に等しいので撮影は大変だった。
後、保津峡と言えば保津川下り!これとトロッコ列車は意外に絡めるのが難しく、すべてはその時のタイミングだが、この日は60隻近くの船が下って行ったので撮影出来る可能性は普段より高いと思う。
200811103.jpg
2008.11.22 嵯峨野観光鉄道 トロッコ保津峡-トロッコ亀岡
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ