FC2ブログ

梅の花

ここ2~3日陽気な天気に恵まれ春の近づきを感じさせます。
初春のイメージと言えば、やはり梅の花でしょうか。
この画像の列車ですが、関西本線から和歌山線、桜井線を回ってぐるり一周したブライダル列車だったかと思います。
関西線内で撮影後に和歌山線へ行きましたが、目ぼしい場所も無く思案してると梅の花が目に入ったので一緒に撮影してみた。
和歌山線
2008.3 和歌山線 王寺-畠田

冬の夜空に輝くオリオン

先日の天理臨撮影の続きですが、帯解で撮影後、上狛での30分強の停車があったので其方も行ってみる事にした。
当初、構内の跨線橋から客車とDDの屋根を撮影しようと思ったのだが、記憶に比べ結構奈良方に跨線橋があったので、思いのイメージ通りでは無いので諦め、停車してる付近を色々と見渡す・・・
空を見ると星が輝いており何とか撮影出来ない物かと、あちらこちらと見て回った。
かなり無理な纏め方ではあるがDD51のキャブ側面を少し入れ、私が持ってる広角を目一杯に広げ夜空に輝く星も取り込んで見た。
画像から見ると輝きもちっぽけな物ですが見れば分かるかと思います・・・
そう、冬の夜空に輝くオリオン座を見つける事が出来ます。
奈良線
2014.1 奈良線 上狛

天理教輸送列車・・・国鉄型車両同士の出会い

今日は、先日の土曜日に走った天理臨の復路を撮影しに出かけた。
19時前に現地に着くと既にホームでは沢山の撮影者機材をセットし待ち構えていた。
その光景を見た私は少し怯んでしまい、構内から奈良寄りの跨線橋から狙う事にした。
しかし、列車を切り取ろうとアングルを決めても架線柱横のケーブルが気になり中々上手く収まらない・・・
いっその事、駅舎も入れて広めなアングルとし、露出も少しアンダーだと架空ケーブルも多少は誤魔化せるだろうと思い撮影してみた。
この駅では10分以上の停車があり、露出を変えながら何枚も撮影したが、やってきた交換列車が103系だったので、こちらの画像を掲載する事にしたが、まさに時代遅れの車両同士だが、どこか懐かしさも思い出さす・・・そんなワンシーンであった。
この天理臨に使われている車両も、今年3月に廃止となるあけぼの号の影響を受け、今年限りになる可能性もあるや知れませんね。
桜井線
2014.1 桜井線 帯解

Diesel Loco Fan 閉鎖・・・10年前を振返って 3

線路の検測に使われているマヤ34形客車、今ではJR北海道・JR九州でしか使われていないが、10年前はJR西日本でも使われていた。
画像は和歌山線の北宇智駅で捕らえた物ですが、スイッチバックにて構内へ入線していたこの駅も2007年3月には、スイッチッバックが廃止され1線スルーとなっている。
kitauchi

五条方面から来た列車は20‰の坂を登り、駅構内の引上線へ入線する。
wakayamasen

引上線へ入線した列車は推進運転にて2番ホームへと押し込まれて行く。
DD51の運転手は後方を確認しながら、慎重に推進運転を行う。
wakayamsen

2番線に到着した列車は暫し交換列車を待つ。
wakayamasen
3枚とも 2003.10.27 和歌山線 北宇智

10年前はマヤの検測列車も見れJR西日本管内を縦横無尽に走っていたし、北宇智駅もスイッチバックだったのも過去の話。
振り返ると、撮影する被写体はあちらこちらと見られた物であるが、その当時はあまりチャンスを大事にしていなかったように思う。
今の撮影の仕方から考えると、実に悔しくも思ったりします。


北を目指し走り行く

町の明かりが灯り出すほんの少し前、何時もはお目にかからない列車が走ってきた。
明かりが点された車内では、楽しい思い出を語らい、また来年も来よう!そんな会話が飛び交っている事でしょう。
こうして、こどもおぢばがえり の行事が終わり、子供達を乗せた列車は北を目指し走り行く・・・
奈良線
2013.7 奈良線 山城多賀
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ