スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑名の築堤背後に浮かぶ風景

今日で6月も終わりますが、まだ梅雨が続いていますね。
今月始めを振り返ると、四日市のタンカー列車はDD51原色重連の運用があり、撮影に行くも良い天候に恵まれました。

画像は、築堤を駆け登り長良川の橋梁目指して走り行くDD51が牽引するタンカー列車が見えました。
背後は長良川の河口があり、その後ろに長島スパーランドが見えます。
更に奥には知多半島が見え、梅雨入り時期にしては凄く抜けが良かったです。
関西本線
2016.6 関西本線
スポンサーサイト

北の国からやってきたDD51

愛知機関区では、北海道からやっ来たDD51が走っています。
外観は更新色で寒冷地仕様を解かれた物の、運転窓には旋回窓が残されており、他のDD51と違い一際目立つ存在である。

時も夕刻の頃、数多くのタンカーを引き連れた列車は、西日を浴びて本線をかっ飛ばし迫ってきます。
関西本線

長い直線を抜けると車体を少し傾、力強くカーブを抜けて行きます。
同じDD51でも旋回窓が付いてるだけで雰囲気が変わりますね。
関西本線
2枚とも 2016.6 関西本線

走れタンカー列車

「もうなんでもいいの…」
と、隣でレイさんがわめいている今日この頃です。
お気付きの方も多いかと思いますが、最近撮影には一緒に行っているみにぱんだです(^^)
どうぞよろしく願いいたします。
↓ここからはレイさん本人の文章になります。

久しぶりの更新となりますが、最近ホント撮影するディーゼル機関車も数少なく無くなり以前意比べ撮影も減りましたわ。
そんな中、関西本線のタンカー列車を撮影しようと思い出かけてみたが、冬場と違い石油の需要が少なく、ウヤとか単機牽引が多く見られたそんな中、1本ですが重連牽引でやってきたのだ!!
今やDD51のパラダイスと言った感のある関西本線の貨物列車ですが、原色も殆ど存在しませんが、更新色でも充分な迫力でした。
うん、本当にパラダイス!!DD51の宝庫!!
夕刻の鈍った斜光線に照らされながら豪快に駆け抜けて行くのです。
関西本線

駆け抜ける列車を追うように、広角での撮影だ。
田植えも終わり、稲が少しずつ育つ田園の中、自分の姿を写しながら駆け抜けてゆくこの雄姿よ・・・
線路端での撮影は久しぶりですが、初心に戻りこのような撮影もたまには良いかなあ・・・と思う撮影でした。
関西本線
2枚とも 2016.5 関西本線

黄昏の朝・・・木曽三川の流れ

去年の事ですが、関西本線のタンカー列車を撮影するにいい場所があると、JUMBOの我楽多写真帳のJUMBOさんに教えて頂き撮影に行きました。
やはり朝のタンカー列車でのシルエット狙いか・・・
現地に到着すると、木曽三川の流れが目に映り、冬の斜光線が鈍く輝き、なんとも眺めの良い景色である。
関西本線
2013.12 関西本線

単機、加太築堤を駆け登る

去年の盆時期に撮影した亀山配給の機関車帰還です。
加太築堤下に広がる田んぼは、少しばかり黄色っぽくなりつつある姿だった。
暑い夏が過ぎると、田んぼは黄金色となり収穫時期を迎える。
こうも暑さが続くと、早く秋にならないかと思ってしまいます。
関西本線
2013.8 関西本線
プロフィール

REI

Author:REI


すべては終わりました…
ディーゼルの鼓動 return

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。