FC2ブログ

DD51初撮り

今日は、亀山配給の単機回送があったので加太界隈へ出かけた。
坊谷トンネルから飛び出しの橋梁で前々から狙いたいと思い少し登ってみた。
加太川をもう少し入れたかったのだが、初めて登る場所と列車の時刻が曖昧にしかわかって無かったので、もう少し上へ登る時間が無かった。
関西本線

そして、高圧鉄塔の向こう側に目を凝らすと、加太駅構内も見えたので、こちらも後撃ちながら撮影した。
それにしても、年々DD51の活躍場が減っており、こんな単機列車でも撮影に出かけるとは、もう末期状態ですね。

関西本線
2012.1 関西本線 関-加太(上)、加太(下)

伊勢初詣りの旅

伊勢参りの列車で3~4週に渡り設定されていたのが、北陸方面からやってくる"わくわく団らん"でした。
団体名は"伊勢初詣りの旅"だったと思うが、毎週、日月となると加太越えで往復し、この界隈も賑わっていたが、今や客車列車走らなくなり、こう言った列車も過去の物である。
草津線
2003.1.12 草津線 油日-柘植

関西本線
2003.1.12 関西本線 加太-関

加太越え

今から数年前、師走に加太越えをする団体列車が運転された。
何の団体かは忘れたが、この頃は既にこの界隈を走り抜ける客車列車もメッキリ減っていたので、生憎の天気だが撮影に出かけた。
この年明けも伊勢への参拝列車が走っていたが、2008年の1月以降このような臨時列車は走らなくなったように思う。
関西本線
2006.12 関西本線 加太-柘植

駅に灯が燈る

加太峠を下って来たDD51は加太駅にて暫し休憩を取る。
夜の帳が降り出すと駅の照明は煌々と輝き、暗闇に包まれようとする景色に躍動感を与える。
やがて踏み切りのシグナルが鳴り出すと対向側からお客を乗せた列車がやってくる。
シトシトと降っていた雨は止み、レールは列車の前照灯により輝きを増し2条の光軸を作り上げる。
関西本線
2011.12 関西本線 加太

河内堅上のSカーブ

数年前までは10月になると毎週のように団体列車が設定されて、こと被写体に欠く事が無かった。
この時は、近場の関西本線を走るので大阪と奈良の県境にある河内堅上へ出かけた。
駅から出て直ぐの踏切辺りからほんの少し奈良方面へ足を運び振り返ると、駅から踏切に掛けて線路がS字を描いている。
当時、鉄道撮影を復帰した頃でダイヤ情報を毎月購読しながら臨時列車目当てに撮影に出かけた物であるが、今やこのような団体列車を設定するにも客車も殆ど無く、近い将来、機関車がこのように客車を牽引する姿は見れなくなるでしょう。
関西本線
2002.10 関西本線 河内堅上-三郷
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ