FC2ブログ

早春の播但線

冬を終え、春に向かって山や大地は少しずつ芽生えてくる。
少し気候も良くなった3月下旬の播但線、空は青空が広がり山間から下って来た工事列車は山裾を走り行くのである。
工臨が走り出すと、もう春といった感じですね。
播但線
2012.3 播但線 長谷-寺前

錦秋の播但線

大体、ラッセルの試運転となると天候がイマイチな時が多いように思う。
この年の播但試運転そんな天気予報だったので、晴天に関係無い場所にて撮影を行った。
しかし、待ってる間に晴れ間が広がり線路は木々の陰になり、何とも明暗のキツイ画像となった。
でも晴れた結果なのか、紅葉は見事だった。
播但線
2010.11 播但線 生野-長谷

深夜の機回し

先日、播但線の工臨にDD51が充当されたようで、5月の時と同じ状況だと思い広野駅へ向かった。
現地では私を含め撮影者は3名、前回比べると撮影者も殆ど居なかった。
前回の到着時刻を思い出し、もうそろそろだと思い駅の方に撮影許可を頂きホームへの立ち入りをする。
対向のホームでは既に係員の方々が待機しており、列車の到着を待つ。
暫くして、列車は入線しホーム福知山方で一旦停止をし、そこからゆるりと所定位置へ停車した。
福知山線

係員の手で、開放テコが外されると、単機にて宝塚方へ進み向かいのホームへ渡り福知山方へ・・・
福知山線 福知山線

福知山方へ向かった機関車は、元の線に転線し係員の合図のにより貨車へ連結される。
連結されると運行に支障をきたさぬよう、連結部の入念な確認が行われる。
福知山線 福知山線

確認が終わると、後半の作業へ向けて出発時間まで停車する。
福知山線
6枚とも 2012.8 福知山線 広野

深き山を行く

梅雨の蒸し暑い最中、山陰本線で撮影後、播但線へ転戦してこの列車を追いかけた。
和田山での折り返し時間がかなりあったので登頂してはみたが蒸し暑さにバテてしまい1時間半近く費やした。
天気も良ければ最高なのだが、やはりこの時期はそうも行かずどんより空の中、列車はやって来た。
しかし、山々の木々が緑色と濃く赤き機関車がより目立つ存在となり意外と良かったのかも知れない。
播但線
2009.6 播但線 生野-長谷

梅雨の播但線を行く

5年程前の播但線、この日は14系リゾート&シュプール車を使用しての団体列車が走った。
この時期なので、天気は悪い物のこのような使用も中々見れなくなっていたので撮影に出かけた。
編成は6両だと思い待ち構えていたが、何とやってきたのは7両編成。
編成長を見切れなかったので、最後尾は木々に隠れてしまった。
播但線
2007.6 播但線 寺前-長谷
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ