FC2ブログ

加古川線でのオヤ31

今から9年前の事ですが、加古川線の電化開業に伴い建築限界検測が行われた。
画像はその実施日の昼間で、検測車両が加古川線の市場駅まで送り込まれた。
中々お目にかかる事が無いオヤ31ですが、白昼に送り込まれた為、沿線でもかなりの撮影者だった。
かく言う私は前日に飯山線で撮影を行い、次の日の早朝到着の きたぐに で戻り、仲間内の車に便乗させて頂き撮影に行ったが、結構なスケジュールでしたね。
加古川線
2004.8.20 加古川線 谷川-久下村

夕暮れの町を発つ

陽も暮れ、真っ暗な闇夜を迎える夕暮れ時、列車のライトは線路を光らし走って来る。
播但線

踏切のシグナルは赤く点され、列車は静かに通過して行く。
背後の踏切を渡り家路に向かう車が行き過ぎる。
やがて、列車は山間部へ吸い込まれるかのように、播但路を北上するのであった。
播但線
2012.5 播但線 寺前-長谷

新緑の播但線

天候はイマイチでしたが、山々の広葉樹は新緑でした。
晴天ならこの場所では狙わないのだが、曇っていたので始めて反対側の"穴"部分へ登頂してみました。
思った通りの絶景で、山々の間に流れる市川を渡る小さな橋梁が印象的である。
で、待っていたお目当ての列車ですが、見ての通りホキ車1両!と極めて短い編成で見た時は驚きでした。
播但線


しかし、この小さな橋梁に丁度良い編成長で、充分に橋梁に収まっていた(笑)
理由は分かりませんが、このような短編成で走った播但工臨は初めて見た。
播但線

2枚とも 2013.5 播但線 生野-長谷

播但工臨

去年に撮影した播但工臨だが、当初は寺前近くの山で俯瞰をしようと登る途中、大雨となり雷鳴が鳴り響いた為、やむなく下山し、手軽な場所で撮影をした。
この画像がその時のカットで、ここで待ち構えた頃には雨も止み、少し晴れ間が出だした。
この季節は、田んぼも田植えが終わり、稲が成長する頃で綺麗な水面鏡にはならない物の、まだまだ見れた物である。
播但線
2012.5 播但線 青倉-新井

春の里山

先日の播但工臨ですが、先に山陰本線にて撮影した後、播但線へ向かった。
列車は途中、何度も列車交換を行うので楽々追い抜かし1時間強の余裕があった。
淵の橋梁付近に咲く山桜が綺麗だったので俯瞰にて撮影する事にした。
しかし、ここへたどり着くに辺り毎回道に迷いながら到着していますが、実に3年振りなので無事到着するのか・・・
で結局迷いながらもギリギリ見える場所へ到着したのだが、以前の場所とは違う場所でしたが、こちらの方が橋梁や川が良く見えるので結果的には良かったのかも!?
登頂後まもなく踏み切りが鳴り出し列車は橋梁を渡る。
春の陽気に包まれた里山は実に良かった!
播但線
2013.4 播但線 生野-長谷
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ