FC2ブログ

三輪崎海岸を行く

去年、紀勢本線を走ったトワイライトエクスプレスですが、この日は朝から晴れ間もあり往路は良い感じに撮影出来ました。
復路を熊野古道から撮影しようと待っていると、雲が現れ晴れたり曇ったり…
ヤキモキしながら待っていたが、結局のところ画像の通り。
列車の機関車部にスポット的に当たったのが、ほんの気持ちの救いか。
紀勢本線
2014.11  紀勢本線

紀伊半島の荒波を行く

去年、紀勢本線を走ったトワイライトエクスプレスですが、2回目の運転時は台風の影響で、何時もは穏かな太平洋の海は荒れに荒れまくっていた。
天気も危ういと思いながらも、荒れた太平洋の海と撮影したく現地へ出かけた。
古座の辺りは青い海が広がり、穏かに波が立つ程度だが、この日は違っていた。
波が岩岩に打ち寄せられ、荒々しい海の風景が広がっていた。
しかも風が強く本当に列車は来るのだろうか?と思いながら待った。
やがて、定刻の時間となると2灯のライトが見えてきた。
荒れた太平洋の風景の中、2両の機関車が力強く引っ張り走り行くのであった。
紀勢本線
2014.10 紀勢本線

重連

2年前の今日、紀勢西線でロングレール輸送の工臨が走りました。
昼間のうちに和歌山から新宮へ走り、夜間串本辺りで取卸し作業があり、一旦白浜まで北上した後、翌朝は新宮へ向けて走って行ったので撮影出来る時間帯に結構撮影できた。
画像は現場へ向かう途中、交換列車待ち停車中を狙ったが、ホームの灯りに照らされる機関車は実に重厚な感じがします。
紀勢本線
2013.7 紀勢本線

10年程前の伊勢臨

正月に木次へ出かけた以来、何の撮影もしていませんので、過去に撮影した物を掲載します。
10年程前は、年始の週末になると伊勢へ向けての団体列車が多数設定されていました。
私が良く見かけたのは、金沢支社に配置されていた"わくわく団らん"でした。
車両の見た目は其れなりの派手さはあり、JR西日本が所有していた車両の中で"サロンカーなにわ"に続く豪華な感じに見えたりもしました。
画像は伊勢市から出発し、最初のハイライトとなる宮川橋梁を渡るシーンですが、明治30年に架けられた歴史ある橋梁で、昭和5年に"ダブルワーレン式"へと補強変更され現在の姿となっているようです。
参宮線
2004.1.19 参宮線 DD51 1191牽引

黄昏時

先日の紀勢トワイの撮影を終え、やっとこさ掲載する時間が取れました。
この日は朝から天気も良く絶好の撮影日和かと思ったが、復路の撮影をする頃は天気も目まぐるしく変化を見せ出し、列車が周参見の辺りを走る頃には雲に覆われていました。
私は、諦め半分帰宅しながら様子を伺うと、晴れ間が少し見えていたので少し寄り道をしました。
山上から眺める風景は、逆光線の状態で町並みや田畑が黄金色となっていました。
ギラギラと輝く線路上には、紫煙を吐きながら列車が迫り、Sカーブを走り抜けながら山裾を走り行くのであった。
紀勢本線
2014.12 紀勢本線
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ