FC2ブログ

色鮮やかな曼珠沙華

秋になると、田畑のあっちこっちで、赤く鮮やかに咲いています。
花の形が燃え盛る炎のように見える事から、家に持って帰ると火事になると言われるようで、日本では不吉であると忌み嫌われるようです。
今年は、この花と一緒に撮影していませんし、もう時期的にシオシオとなってる事でしょう。
美祢線
2011.9 美祢線

農作業のひと休み

いつもは俯瞰や景色などを大きく取り入れた撮影、いわゆる情景写真の撮影が大半だが、たまに人を入れて撮影することもあります。
何気に通りかかった時に、畑で仕事をしている老婆を見かけたので、取り入れようと思って狙っていたが、列車が通過する頃、鍬を持った手を休め列車を眺めていました。
何故か後ろ姿のポーズが似合っています(笑)
美祢線
2011.9 美祢線

初秋

月が変わり9月となりました。
暑い夏が過ぎ少しずつ涼しくなり行く頃、田んぼの稲穂は黄金色と変わり収穫の時期を迎えます。
撮影するにも気候も良く、景色は色取り取りと写欲を掻き立てます。
今秋は何かと被写体がありそうで楽しみですね。
美祢線
2011.9 美祢線

過ぎ去りし8月・・・夏の思い出

今年の夏はあまり撮影していません。
年々数を減らすDD51ですから、当然と言えば当然、しかし山口線では"やまぐち号"を牽引するSLが不調でDD51による牽引が続いていたので、狙うには良かった被写体だった。
お盆に撮影した物ですが、長門峡俯瞰の低い方から撮影したが意外に切り取り難いです。
今夏は天候に振り回されスカッとした青空の下を走る列車が撮影出来ませんでしたので、今秋はそのような撮影が出来たら良いですね。
山口線
2014.8 山口線

復活の山口線・・・苦難を乗り越えた鉄路

明日から開通する山口線、去年の災害から1年を経過し、やっと全通する事となる。
先日、DLやまぐち号の撮影に出かけた折、早朝の地福駅へ行くと、DD51が単機で駅に停車していた。
山口線

霧の立ちこめる朝、駅前ではJR職員を始め各工事関係者や報道関係が集まっていた。
これは何かある?と思い様子を伺うと沿線にも職員や踏切番等が配備されており、察するに開通に向けての試運転だと思った。
やがて、霧が薄らいだ頃、DD51は高々とホイッスルを鳴らしゆっくりと走りだす。
駅から出て直ぐの踏切を過ぎると、氾濫により流された橋梁が新しい橋梁に架け替えられ、職員の見守る中通過していく・・・
山口線

1年もの長い間使用されていなかった踏切、遮断機が降り正しく動作されているか・・・
山口線

機関車に乗車した運転手や職員が確認する中、ゆっくりと確実に通過して行く・・・
山口線

列車は新しく整備された鉄路を確実に踏みしめるように、ゆっくりゆっくりと走り抜け、被害が無かった場所も、全てを確かめながら走る・・・
地福を出発して1時間半、列車は山を越え、津和野の街に到着するのである。
山口線

線路が開通し無事に走り終えたが、沿線にはまだまだ災害の爪あとが残されており、如何に甚大な災害だったかを物語る。
状況を見るに、とても1年では復旧出来そうに無かったが、地域自治体やJRの努力により早期復旧出来た事に思う。
このような災害は2度と来ないよう祈りたい物ですね。
明日から、いよいよ全通しSLの汽笛が津和野の街に響く事でしょう。
プロフィール

REI

Author:REI


corollaレストア日記を始めました
ディーゼルの鼓動 return

リンク
カテゴリ